株式会社ニド コインシャワーパイオニア企業 株式会社ニドのホームページ コインシャワー ニドラシステム ペット美容機器 ニドランドリー コインランドリー店開業 レンタルコインランドリー ニドレンタル
東京都中野区本町 会社概要 社長挨拶 お問い合せ・資料請求

ニドランドリー コインランドリーによる資産活用 空き店舗・遊休地を持っているオナー様の新規事業として
 
コインランドリー経営のコツ
コインランドリーの開業手順
規模と収支予測
店舗開業実例
コインランドリーの新製品情報
よくある質問Q&A

コインランドリーオーナー様募集中

ニドランドリーのホームページ > Q&A

コインランドリー店開業時のよくある質問
     
 

Q. コインランドリーは、どんなビジネス?

コインランドリーは、物品販売や飲食店などに比べ、立地条件に左右される事の少ないビジネスです。また洗濯という衣食住に密接に関わるだけに、近隣の人に大いに歓迎されるビジネスと言えるでしょう。さらに基本的に人手がかからないため、人件費で赤字になるというリスクはありません。コインランドリーの機器はリースでも可能ですので、わずかな資金で開業することができ、専門的知識もほとんど必要なく、初めての方でも開業が容易です。

Q. コインランドリーはどのような営業形態なの?

一昔前のコインランドリーといえば、銭湯の横にあったような比較的狭いスペースで、単身赴任や独身の方が下着などを洗濯するというイメージがありました。しかし現在では、大型のドラム式洗濯機を備え、主婦を中心に毛布やシーツなど家庭ではなかなか洗えないものを洗う場所として利用されています。最近では、綿布団が洗える店などが増えてきました。また、常駐しているスタッフが機器の使い方などを親切に教えてくれる店も出来てきました。

Q. コインランドリーの機器はどのような種類があるの?

洗濯機は家庭用タイプの容量4.5kgや7kgといった小型のものから、業務用タイプの22kg・30kgといった大型のものあで豊富なラインナップを取り揃えております。また、乾燥機は5kgから33kgまで7種類の容量があります。通常、容量が大きくなれば利用料金も高く設定されますが、大物洗いが出来るため利用者にとってはクリーニング店に出すより安く洗えるのでコインランドリーを利用するメリットが出てきます。

Q. コインランドリー店舗の大きさは?

一概に言えませんが、周辺人口が多く、たくさんの利用者が見込める場合、30坪ぐらいの大きな店舗で、多くの機械を設置すれば高い売上を見込めます。さらに駐車場を備えれば、遠方からの利用者も多くなるでしょう。逆に、狭い店舗であれば少ない設備投資で堅実な売上を上げることが出来ます。ニドでは、店舗や土地の大きさ、周辺の状況に応じた店舗プランをご提案させていただきます。お気軽にお問い合わせ下さい。

Q. コインランドリーの上手な利用の仕方は?

花粉が到来する春先に、花粉をしっかり洗い落とすため、衣替えの4月~6月頃に、毛布やこたつ布団などご家庭で洗うのが難しい大物を洗うなどが考えられます。ウール毛布を除いてほとんどの物が水洗いでき、さっぱりとした仕上がりが期待できます。また、お客様の中には、洗濯物がなかなか乾かない梅雨時に、乾燥機だけの利用で来られる方もいらっしゃいます。一般的に週末は利用者が多く混雑しますので、平日に利用されることをお勧めします。

Q. コインランドリーの売り上げはどれくらい?

お店の規模により大きく違いますが、日商15,000円~50,000円程度のお店が多いです。売上高は【1日当たりの利用客×平均単価×年間営業日数】で求めることができます。お客様1人が利用する最低金額は全自動洗濯機8kg1サイクル400円、乾燥機を利用すると200円~300円で、客単価として600円程度です。大型機器を導入している場合は客単価が1,500円と倍以上になります。
1日30人の利用客として1日18,000円の売り上げで365日年中無休だと、最低でも年商657万円ということになります。

Q. 毎日どのような管理をする必要がありますか?

コインランドリー経営者は営業施設を衛生的に管理するために衛生管理者を定め、衛生上必要な措置を講じチェックする義務があります。具体的には店内の清掃、機器の清掃、排水、照明、換気、ドライ機用の有機溶剤の廃棄処理などがあります。また、汚れたおむつやペットの敷物などを洗濯機に入れないよう、利用客に対する衛生上の指導を十分にすることが必要です。クリーンで清潔なお店はお客様もキレイに利用してくれますし、喜ばれます。

Q. 開業資金はどれくらい用意すればよいのですか?

コインランドリー開業に当たっての必要な資金は、店舗規模により違いますので、ここでは6坪の小型店の一般的設備を例にしましょう。全自動洗濯機7台(1台単価約24万円)、ガス乾燥機4台(1台単価約58万円)、洗剤、漂白剤、柔軟剤の自動販売機など機器が合計668万円程度。その他に給排水工事、ガス工事、電気工事、内装工事など工事費が約240万円で、総額954万円になります。この他に、店舗賃貸の保証金、権利金、家賃等が必要です。また、当座の運転資金や広告宣伝費も50万円程度必要でしょう。

Q. 経営にはどのようなリスクがありますか?

コインランドリーは原則として現金収入であるため、競合店の出現や外部環境が大きく変わらない限り、安定性が高く資金繰りの問題などが生じません。しかし店舗のリニューアルや最新設備機器の設置など再投資を考えて、売り上げから一定額を蓄積する必要があります。また、コイン泥棒事件も時には発生しますので、現金管理のシステム化、防犯カメラの設置、プリペイドカード、ICカードの導入など、安全重視した設備により、リスクの少ないコインランドリー経営が達成できます。

 

Copyright © 2009 株式会社ニド | ホームコインシャワーペット美容機器ニドランドリーニドレンタル個人情報保護方針お問い合せ

お問い合せページ ニドレンタルWeb